うたた寝ねね

趣味とか技術とか憂鬱とか。

CORESERVERにRuby on Railsをインストールしたメモ

現時点でのCORESERVER標準のRubyは1.8.5です。
ですが、1.8.5のまま使おうとしたらRubyGemsの最新版を入れられなかったので、
仕方なくRuby自体も最新版(1.9.3)を使用するようにしました。
加えてRuby 1.9.3はlibyamlが必要と言われたので、先にインストールします。

以下は導入メモ。
hogehoge はCORESERVERのFTP/SSHアカウント名、s00は借りているサーバのナンバーです。
また管理画面でSSHの登録をお忘れなく。作業はTera Termで行いました。
CORESERVERは時間のかかる処理を途中でKillしてしまうので、makeは複数回繰り返す必要があるかもしれません。

[crayon title="フォルダ作成"] hogehoge@s00:~> mkdir ~/local hogehoge@s00:~> mkdir ~/local/tmp hogehoge@s00:~> cd local/tmp [/crayon]

[crayon title="環境変数を永続的に設定"] hogehoge@s00:~> echo "export PATH=$HOME/local/bin/:$HOME/local/lib/ruby/gem/bin" >> .bashrc hogehoge@s00:~> echo "export RUBYLIB=$HOME/local/lib:$HOME/local/lib/ruby" >> .bashrc hogehoge@s00:~> echo "export GEM_HOME=$HOME/local/lib/ruby/gem" >> .bashrc [/crayon]

[crayon title="libyamlをインストール"] hogehoge@s00:~> wget http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.4.tar.gz hogehoge@s00:~> tar xvzf yaml-0.1.4.tar.gz hogehoge@s00:~> cd yaml-0.1.4 hogehoge@s00:~> ./configure --prefix=$HOME/local hogehoge@s00:~> make hogehoge@s00:~> make install [/crayon]

[crayon title="Rubyのインストール"] hogehoge@s00:~> wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p286.tar.gz hogehoge@s00:~> tar xvzf ruby-1.9.3-p286.tar.gz hogehoge@s00:~> cd ruby-1.9.3-p286/ hogehoge@s00:~> ./configure --prefix=$HOME/local --with-opt-dir=$HOME/local --disable-install-doc hogehoge@s00:~> make hogehoge@s00:~> make install hogehoge@s00:~> ruby -v ruby 1.9.3p286 (2012-10-12 revision 37165) [i686-linux] [/crayon]

[crayon title="RubyGemsのインストール"] hogehoge@s00:~> wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76073/rubygems-1.8.24.tgz hogehoge@s00:~> tar xvzf rubygems-1.8.24.tgz hogehoge@s00:~> cd rubygems-1.8.24 hogehoge@s00:~> ruby setup.rb --prefix=$HOME/local hogehoge@s00:~> gem -v 1.8.24 [/crayon]

[crayon title="Railsのインストール"] hogehoge@s00:~> gem install rails --include-dependencies hogehoge@s00:~> rails -v Rails 3.2.8 [/crayon]